投稿日:2020年8月7日 更新日: 商品レビュー DTM機材 ギター用機材

直感的な操作と実機の特徴を再現したAmplitubeは非ギタリストにもオススメ!



今回はIK MultimediaのAmplitubeMAXの仕様と性能について触れていきたいと思います。

コレのおかげでサウンドレパートリーがグンと増えたのと、どの音色も個性が際立っているので触っててホントに面白いです。

 
音楽やPC回りの商品レビューを中心に、クリエイティブに役に立つ動画配信をしています。 動画の視聴とチャンネル登録はコチラから!
 

 

 概要

・実機さながらのUIで、直感的な操作が可能
・マイキングやルーティングもリアル且つ細かく設定出来る
・ベース用アンプ有り
・スタンドアロン可能
・簡易DAW機能でかんたんなレコーディングも可能

なんといっても超リアルなUIは、Amplitubeの大きな特徴の一つ。

そのリアルさは、アンプ本体の操作パネルだけじゃなく足元に置くエフェクターなどのストンプ系スピーカーキャビネットのマイキングまでもが、本物を触っているかのようなリアルさを持っています。

おまけに簡易的DAW機能も付いているので、デモ制作やギターの練習がこれ一つで完結出来てしまうのも嬉しいところです。詳細は後述。

 直感的な操作

前途の通りAmplitubeのリアルな操作感は、まさにギタリストのためのUIと言ってもいいと思います。

※スタンドアロン時は簡易的なDAWやルーパー機能も使用できる ヘッド部のデザインはもちろん、ツマミの操作に対するサウンドの追従具合までもがリアルなアンプさながらで、触っていて全く違和感を感じないのがスゴいところです。

直感的なのはツマミの部分だけじゃなく、足元に置くエフェクターや、キャビネットまでもがいちいちリアル。 しかもキャビネットへのマイキングもドラッグ操作だけで自由にセッティングできるのが嬉しいところです。

ギタリストの為のUIとは言いましたが、ギターを触ったことのないDTMerにもこれでギターアンプ周りの仕組みも学べたりするので、どちらにもオススメできますね。
※ヘッド部のデザインはもちろん、ツマミの操作に対するサウンドの追従具合も〇。

Amplitube4の音色

代表的な音色とその特徴を簡単にレビューしてみます

Brit Balve Pre


マーシャルのラックタイプのアンプを再現したモデル チャンネルはOD1/2とClean1/2の4つ。

UIの印象さながらとってもデジタルな操作感

各パラメータは0~20までの値をセッティングします。 サウンドの特徴としてはローからミドルまでの主張が強く、歪みの粒も細かくデジデジとしたサウンドです。

さらに存分なローカットをしたい場合は別途EQとの併用がオススメ。

Brit800

JCM800のモデリング

スタックアンプの定番格、MarshallのJCM800のモデリング。

ハイの出方がとても明瞭で、とても煌びやか歪み方をします。

パラメータの少なくて、扱いやすいモデルです。
テレキャス系のギターでギャリーンと鳴らしたい場合なんかには特に最適かなという印象でした。 スピーカーキャビをBrit30にするとさらにチャキチャキするサウンドになります。

Brit900

JCM900のモデリング

JCM800に比べると、ボトム寄りな印象。

全体的にマイルドなトーンで、GAINノブにもそこその低域が含まれています。
GAINとPreAmpノブとのバランスで結構化けるので、その点がサウンドメイクの要になるかと思います。

設定次第では結構ソリッドな音も目指せそうですが、カラっとパキっとしたサウンドを出したいなら他のモデルを選んだ方が良さそうです。

特にEQ設定はフルテンから初めて、要らないところを削る方法の方が良い結果が得られました。
右側のスイッチでLOWモードにするとサッパリしたサウンドに。

Red Pig



シングルハムどちらで使ってもクセの無い印象。
実はこのモデルが一番使いやすいし、トータルパフォーマンスに優れているかも。

困ったときは大体これを使えばOKだなという印象。
ピーキーな帯域が無く全体的にフラットで、割とパキっと出てくれる感じ。

ソロ/バッキングともに中心部分に帯域が寄っていて、どんなオケと混ぜても音が散らずに存在感があります。
ゲインノブがなく、Volだけで歪みもコントロールするシンプルかつ玄人志向なモデルです。

Vol1は軽やかでカリッとしたゲイン、Vol2のみはマイルドかつファットで荒々しいゲインを持っています。これをブレンド出来るのがこのモデルの面白いところ。

Brit Silver


名前とUIが完全にSilber Jubillyのモデリングであることを物語っています。

個人的にはこのアンプは過去に触れた中で1,2を争うくらいお気に入りのモデルなんですが、かなりオールラウンドに使える事と、クリーントーンがしっかりしている事もあって、エフェクターの色が乗りやすいという印象があります。

歪みの粒が細かく低音がグッとくるサウンドが本物ソックリです。

バッキング/リード両方に向いているモデルです。
歪み方は結構ギラついているので、ストラトやテレキャスで使うとより存在感を醸し出せると思います。 ※その他音色は、後日追記予定

 ルーティングの細かい設定が可能

Amplitubeには音のインからアウトまでの信号の順路をある程度自由に設定することが可能です。
画面左上の数字ボタンから、信号のルーティングを8種類の中から選ぶことが出来ます。

主には2系統のストンプやアンプの信号経路を切り替えることができるのですが、それだけでなく揺れモノと空間系エフェクトを併用する時の為のインサートも設けられています。

これはリアルアンプで言うところのセンドリターンに当たるもので、こちらも本物のアンプを視野に入れた有難い設計になっているワケですね。  

 簡易DAW機能を搭載

スタンドアロン時のみ、マルチトラックレコーダー/ルーパー機能が使用できます。

MTR機能

最大8トラックまで同時録音可。

見慣れたDAWとほぼ同じ要領でマルチトラックレコーディング出来ます。
左側にはイコライザーとパンが各トラックに標準搭載されており、8トラック個別に割り振ったりなど簡易的にミックスすることが可能です。

トラックのインポート/エクスポートにも対応しているので、録音したトラックの書き出しや、既に録音済みのデータを呼び出して使用することも可能。

MIDI入出力は非対応ですが、簡単なデモを作るのならこれで充分かもしれませんね。

 ルーパー機能

ルーパーモード
最大4トラック分の同時録音が可能です。
録音可能なタイムはPCの空き容量次第なので、気兼ねなくロングタイムの録音も可能。 ルーパーモードの時

※録音/再生ボタンの周囲には録音中のデータの波形が。さり気なくスタイリッシュさを醸し題している

ちなみに筆者は同社のAXE I/Oユーザーなので、別売りのフットスイッチを使用して実機のルーパーのように使用して楽しんでいます。


マルチトラック/ルーパー共に、とてもシンプルなUIで迷うことなく操作が出来ます。

あとがき

ギタリスト、DTMer両方にオススメできるAmplitubeのご紹介でした。

一つのノブを触ることで他の帯域も追従する、まさに実機アンプさながらの反応をするので、知らないアンプでもこれに触ることでバーチャルアンプマスターになれたかのような気分を味わえます。

キャビネットやスピーカーそのものも内部で変更していくことが出来るので組み合わせも無限大。

アンプやストンプの操作からマイキングまでバーチャルに体感できるAmplitube、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。 この記事が役に立ったと思ったら、是非他の記事にもお立ち寄りください。

関連記事

【DTM】トラックボールマウスと普通のマウスを比較してみた

先日購入したトラックボールマウス「M570」にもそろそろ使い慣れてきました! そこで今回はDTMの作業において、普通のマウスと比べてどれくらい便利なものなのかを検証してみました。 音楽やPC回りの商品 …

驚くほど簡単にリアンプが出来る!AXE I/Oのレビュー

念願のオーディオインターフェイス「AXE I/O」を購入しました。 IK Multimedia AXE I/O 【P10】【期間限定!AXE for Moreプロモーション開催中!】 posted w …

抜けの良いサウンドとコスパ最高のダイナミックマイク、AKG「D5」のレビュー!

AKG「D5」はダイナミックマイクの中でもトップクラスのコストと、抜けのあるサウンドが特徴の超単一指向性マイクです。 一般的なダイナミックマイクの常識を覆すかのようなブライトなサウンドは、音楽クリエイ …

打ち込みのレベルを遥かに凌ぐ、物理モデルを搭載したMODOBASSの実力やいかに

DTMer界隈ではすっかりおなじみとなったエレクトリックベース音源、「MODOBASS」は、物理モデリングによって実現された容量の軽さと、リアルな演奏ニュアンスを兼ね備えている非常に優れたベース音源で …

コスパ重視の人にオススメ!TAOTRONICSのBluetoothイヤホン「SoundLiberty 97」のレビュー

TAOTRONICSのBluetoothイヤホン「SoundLiberty97」を新調しました。 お手頃価格で購入できる反面、長所短所がハッキリしている印象でした。実際の使用感や、良いところ悪いところ …

直感的な操作と実機の特徴を再現したAmplitubeは非ギタリストにもオススメ!
この記事が気に入ったらフォローお願いします!
最新情報をお届けします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者:

ad




テキスト検索↓↓

カテゴリ検索↓↓

バナー

アカウント作成はコチラ(無料)↓

安くて豊富な品揃え!ミュージシャンの強い味方↓

サウンドハウス

管理人が制作した音楽素材
AudiostockでBGM・効果音を販売中!
定額で役に立つ書籍が読み放題!

コンタクトフォーム

    上記の内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。