投稿日:2017年7月13日 更新日: 商品レビュー DTM機材

VERSUS audio「VS Sanshin」レビュー

Chang-Nao(@Chang_7010)です!!

沖縄風のオケ製作依頼が来たので、セール中だったVERSUS audioのKONTACT用音源、「VS Sanshin」を買ってみました。

所有している総合音源には三線は無かったし、和モノの音源は持ち合わせ的にも弱かったので、ちょうど良い機会でしたね。

購入して日が浅いですが、確認できた範囲で書いてみます。行ってみましょ!

さらっと概要

・容量は1GB以内
・VSASエンジン搭載
・3弦と5弦用がある
・ベタ打ちでも質感は良い
・キースイッチがかなり多い
・ウェットなリバーブ

豊富過ぎるキースイッチ

とにかくキースイッチが多くてビックリしました。しっかり把握するにはちょっと時間が必要かも。

現時点で分かっている範囲でざっくり説明しますね。(3弦用で確認)

・同音でも鳴らす場所をブロックごとに変えられる「フレットポジション」が9種類。
・ソロやコード/オクターブ弾きなどの「奏法モード」が5種類。
・同音連打用(たぶん)の「リピートキー」が、実音/オクターブで2種類
・音をリリースしたときの「弦ノイズ」が3種類。

さらに「Chord」のモードでは、コードネームごとに15種類のキースイッチが割り振られています。マイナーメジャーセブンスやaugまである(笑)
5弦用にはスライドのキースイッチも入っています。3弦用に無いのは謎なところですが。

コードはパワーコード(5度コード)やオクターブをはじめ、構成音を自分でエディットすることも可能。
リピートキーはオルタネイトを再現するときに便利そうかなっていう印象でした。

演奏ニュアンスよりは、曲に対する役割として選ぶキースイッチなのかな、というのが全体的な印象。

ボディパーカッションや弦を擦ったノイズも収録されているので、攻めた使い方もイケそうです。

ベタ打ちでも自然

弦楽器に特化した「VSASエンジン」なるものが適切なタイミングでノイズやミュートを演出してくれるのだとか。

弦楽器って、同じ弦上では1つしか音が鳴らないので同弦上で次の音が出るときに直前の音をミュートしてくれる気の利いた設計になっているみたい。

強弱の表現もかなり繊細なので、三線の生っぽさは表現しやすいかも。

リリースが若干不自然かなという印象はありましたが、ノートの長さで調節すればいいので、主だった欠点は無いのかもしれません。

ウェットなリバーブ

付属のリバーブはウェットでとても遠い感じのものなので、使えるケースは限られるかも。

沖縄っぽいオケを作りたければ他のリバーブを当てた方が良い結果が得られそうです。

あとがき

スライドのキースイッチはぜひ3弦用にも入れてほしいところですが、全体的にはかなり満足できました。

VSaudioの音源は他の商品もいくつか買ったので、時間のあるときにまたレビュー書く予定です。

他にも気がついた点があったら追記していきます。

ではでは、Chang-Nao(@Chang_7010)でしたー!!

関連記事

在宅クリエイターに推したい!クランプ式の電源タップの魅力!

デスクトップギタリストのChangNao(@Chang_7010)です! 今日の記事では、地味だけど部屋の整頓とパソコン制作が捗るグッズをご紹介! 音楽やPC回りの商品レビューを中心に、クリエイティブ …

no image

『バイノーラル』ってどういう意味?ASMRとの違いとバイノーラル録音に使用されるマイクのタイプと利点を紹介!

  今回の記事ではASMRに使用されるバイノーラルマイクの特徴を紹介します! ・『バイノーラル』とはどういう意味か? ・ASMRの違いについて ・バイノーラル録音に使われるマイクについて知り …

Rolandのジャズコーラス『JC-160』がスタックアンプのサウンドに化ける!?BossのPowerStack『ST-2』とIbanezのチューブスクリーマー『TS-9DX』を使った検証

Rolandの大型トランジスタアンプ、「JC-160」の性能と魅力を紹介します! 今回の記事ではこのアンプと、身の回りの周辺アイテムを使用して宅録してみた結果をお伝えしていきます。 音楽やPC回りの商 …

【DTM】トラックボールマウスと普通のマウスを比較してみた

Chang-Nao(@Chang_7010)です! 先日購入したトラックボールマウス「M570」にもそろそろ使い慣れてきました! そこで今回はDTMの作業において、普通のマウスと比べてどれくらい便利な …

no image

直感的な操作と実機の特徴を再現したAmplitubeは非ギタリストにもオススメ!

デスクトップギタリストのChangNao(@Chang_7010)です! 今回はIK MultimediaのAmplitubeMAXの仕様と性能について触れていきたいと思います。 コレのおかげでサウン …

VERSUS audio「VS Sanshin」レビュー
この記事が気に入ったらフォローお願いします!
最新情報をお届けします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者:

ad




テキスト検索↓↓

カテゴリ検索↓↓

chang_7010さんをフォロー

バナー

アカウント作成はコチラ(無料)↓

安くて豊富な品揃え!ミュージシャンの強い味方↓

サウンドハウス

管理人が制作した音楽素材
AudiostockでBGM・効果音を販売中!
定額で役に立つ書籍が読み放題!

コンタクトフォーム





上記の内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。