【Inst/Mix】秦基博『ひまわりの約束』(Cover)の制作後記

 

サイハテツヤ氏のyoutubeチャンネル内にて「ひまわりの約束(Acoustic.Cover)」のギター演奏/ミックスを行いました。

制作にあたってこだわったポイントなどを書いていきます!

 

原曲の解説

作詞作編曲は秦基博さん。編曲には皆川真人さんも携わっています。17枚目のシングルで2014年8月6日リリース。

映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌として有名ですが、その他複数のタイアップを持っています。

 制作のポイント

アコースティックギター+ボーカルのシングルトラックのみで制作しました。

限りなく弾き語りに近い構成での制作でした。

 ギター

アコースティックギターは、YAMAHAの「A3M」を使用。

 

プリアンプ部のSRTピックアップシステムで、マイク録音をシミュレートした空気感を混ぜたライン音を使用しています。
(BLENDつまみは10時くらい)

 マイク

MXLのVg-67を使用しました。

個人的には、録音する音や距離感で結構キャラが変わる印象があるマイクです。
プリ部のセッティングの影響もあって、アコギの特性と上手くマッチしたようにも思います。

 

マイク音とライン音のバランスは、だいたい6:4くらい。
ライン音にもシミュレートしたマイク音成分が入っているので、正味マイク音が8割くらいってところになります。

 あとがき

ボーカル/ギターともにリバーブも控えめに、Pretenderとは打って変わってオーガニックなサウンドになりました。

C.Nem Studioでは本家の音源に引けを取らない、繊細なギター演奏/ミックス制作も可能です。
当ブログのメッセージ欄、Twitterからもお気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)