投稿日:2022年8月1日 更新日: 商品レビュー

アニメ好きに大人気?Ittaliaのセミアコ「Mondial Classic」のレビュー

Italiaのセミアコースティックギター「Mondial Classic」のレビューをお届けします。
知っている人は知っている。ある界隈ではちょっと有名なギターかも知れません。
今回の記事では改めてその魅力に迫ってみたいと思います。

 

Nemoka.T
Nemoka.T
音楽制作や商品レビュー等のお役立ち動画配信をしています。
動画の視聴とチャンネル登録は コチラ から!

このギター、知ってる?

購入したのはかれこれ10年前ほど前。
外観のモダンさと利便性に惚れてお店で即買いしたのを覚えています。

購入時は店員さんからESP系列のギターとして説明を受けた記憶がありますが、Italia Guitarというブランドは独自にあって、ESPが代理店を務めているようです。

おそらくこのギター、ミュージシャンの中ではそれほど有名なモデルでは無いようで、ライブステージで使っている人は今までに一度も見たことが無いし、ネット上でも所有している人を見かけるのはちょっと稀なくらいです。

筆者はその一方で、非ミュージシャンの方がこのギターを知っている率が多いと確信しているのですが、このモデルに心当たりのある人は熱心なアニメファンの方なのかもしれません。

アニメ界隈でポピュラー

 


このMondial Classicは京都アニメーションの名作「涼宮ハルヒの憂鬱」内に登場した、知る人ぞ知るギターです。

2006年に放映されたこの作品、このギターが登場したのは主人公のハルヒが組んだバンドのライブを体育館で演奏するシーン。

当時楽器演奏のシーンをアニメで表現するのはとても難しいと言われていたんだけれど、その印象を覆すように精巧に描かれていて、演奏者の感情の高ぶりもとても上手に再現されていて、鳥肌が立ったのを今でもよく覚えています。

後にアニメ界にも大きな衝撃を与えたあのシーンをきっかけに、日本中の多くのアニメファンに知られることになりました。

きっと印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

仕様


最大の特徴はマグネティックピックアップピエゾピックアップの2OUTが可能というところ。汎用性高し。

エレキ用PUはWilkinsonの2ハム仕様、ピエゾはボリュームと3バンドEQを搭載しており、ピエゾピックアップにのみ9V電池を使用します。

木材はボディーがアルダー、ネックはハードメイプル、指板がローズウッドの22フレット仕様です。

 

サウンド

各ピックアップを全てクリーンで収録してみました。

 フロントピックアップ

 フロント+リアPU

 リアピックアップ

 ピエゾピックアップ

ピエゾ2番目の動画は手元の3バンドEQでドンシャリにしたもの。

こちらの方がよりアコースティックテイストに近いですね。
正直かなり好みが分かれるところですが、ドンシャリサウンドの方はオケ中でのストロークだったら良い存在感を出してくれるかもしれません。

全体通して適度にマイルドなサウンドかなという印象を受けました。単音で弾いた時のパワー感は控えめ。

どのピックアップでも透明感とツヤを持っていながらも、フロントは甘すぎず、リアのハイの出方も程よい感じで、良くも悪くもクセのないギターと言えそうです。

ジャズやフュージョン系、ロックやポップスで使うならリズムパートを担うのが良さそうかなと感じます。



豊富なバリエーション

このMondialシリーズ、カラーバリエーションもかなり豊富でとにかくオシャンです。

公式ホームページにも載っていないようなものが中古でも出回っていて、調べれば調べるほど面白いです。

カラバリは鮮やかなオレンジやマットなホワイトなどがありますが、それぞれに微妙に仕様が異なっているのも面白いところですね。シリーズ内にベースもありました。

でもやっぱりチェリーサンバーストのモデルが個人的にはしっくりきますね。ワイの子が一番かわいい。

現行モデルとの違い

筆者が所有しているのはおそらく初期寄りのモデルで、ブリッジ部も木製のものになっています。

ですが現行のモデルはブリッジが金属製だったり、中古で出回っている別個体も細かな仕様が若干異なっていたりと、生産時期によって微妙にディテールが異なるようです。

特にブリッジ部分の仕様の違い、結構サウンドにも影響あるかなと思いますが、現行モデルの音がどんな感じなのかはちょっと気になりますね。

あとがき

所有して10年あまり経とうとしていますが、いざというときに頼れる愛機の一つだったりします。

実はこのモデル、ハルヒが放送される前には「リンダ・リンダ・リンダ」という映画にも登場していたりと、何かと映像作品ではお目にかかるギターのようです。

それもこれも、この個性的でスタイリッシュなデザインあっての成果なのではないかなと思います。
壁掛けにしてもオシャレだし、バンドマンからコスプレイヤーにまで幅広く愛されるギターなのではないでしょうか。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
この記事が役に立ったと思ったら、是非他の記事にもお立ち寄りください!

関連記事

中華キーボードをDTMに取り入れてみた使用感と利便性について

DTMと言えばMIDIの打ち込みから楽器録音、編集やミキシング等、作業の内容は様々です。 当然フルサイズでのキーボードでの作業がマストになってくると思いますが、ここに敢えて左手用デバイスを導入してみた …

驚くほど簡単にリアンプが出来る!AXE I/Oのレビュー

念願のオーディオインターフェイス「AXE I/O」を購入しました。 IK Multimedia AXE I/O 【P10】【期間限定!AXE for Moreプロモーション開催中!】 posted w …

VERSUS audio「VS Footstep」レビュー

今日はVSaudioの「VS Footstep」のレビューです。 その名のとおり、足音の専用音源ですが音響畑と音楽畑それぞれにウケるように設計されています。 サンプル音源付きで、パパっと簡単に書いてみ …

お得なプラグインが盛り沢山!Presonus PlugInSuiteのレビュー

今回はPresonusのPlug In Suiteのレビューです! 結構前に購入した、Presonusのオーディオインターフェイス「AudioBox iTwo」に付属していたプラグインですが、お得なプ …

JTSの激安マイク「PDM-57」ってどんな音?そのサウンドを徹底レビュー!

本日は激安マイクとしても知られる、JTSの『PDM-57』のレビューをお届けしていたいと思います。 Nemoka.T 音楽制作や商品レビュー等のお役立ち動画配信をしています。 動画の視聴とチャンネル登 …

アニメ好きに大人気?Ittaliaのセミアコ「Mondial Classic」のレビュー
この記事が気に入ったらフォローお願いします!
最新情報をお届けします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者:

ジャンルから記事検索!

プロフィール

主な執筆者
Nemoka(C.Nem Studio)

ギター演奏/作編曲/BGM制作等々 coconala音楽分野ランカー/プラチナランク取得(2018~) 歌ってみた用のインスト制作/MIX制作も初めました。Vtuberさんの制作支援にも注力中 参加作品 ジェル(すとぷり)Sコート/MELLOW:「2045、月より。」等 その他制作事例はコチラから!

NMFバナー

AS定額バナー

ad




バナー2

サウンドハウス

バナー1

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

コンタクトフォーム

    上記の内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。