投稿日:2017年11月23日 更新日: 対策 HowTo Howto(音楽)

パーフェクトなライブ演奏を目指そう!効率的に楽曲を覚えるコツ6選




Chang-Nao(@Chang_7010)です!!

現場でガシガシギターを弾いていたサポートギタリストの時代は、弾き方や機材も現場ごとに切り替えながら、それなりに多忙な生活を送っていました。

一日でリハーサルをはしごする事もたびたび。

あの時期は多ジャンルの楽曲を同時期に覚えなければいけなかった為、「練習の効率化」が求められることも多くありました。

今回は、効率的に曲を覚えられるコツについてお伝えして行きましょう。
曲がなかなか覚えられないとお悩み中の人も、ぜひ読んでみてください。

出先で常に聞く

家で練習し続けることも大切ですが、本記事では限られた時間内で効率よく習得することにスポットを当てていきたいと思います。

まずは自宅から離れているときも、曲を聞き込んで楽曲に対する理解度を上げていきましょう。
ただ聞くだけではなく、演奏するイメージをしながら聴きこむっていう事が大切です。

指板上の動き方から、フィルインの入り方まで、脳内に染み付かせるのが最初の一歩です。

忘れる→思い出すを繰り返す

より効率的に曲を覚えるために、今度は練習に取り組むスパンに注目してみましょう。
なんとなく曲が弾けるようになったら、一回全部忘れてしまうくらいの時間をあけてからもう一度練習し直してみてください

この時はむしろ音楽とぜんぜん関係ないことをするのがオススメです。

思い切ってこのサイクルを作ることで、覚える忘れるまた覚えるのサイクルが繰り返され、ミスを起こした箇所が色濃く上書きされます。

練習は寝る前に

脳の「レミニセンス現象」によって、寝る前に学習した事は睡眠によって増強されるといいます。

また、起きた後は集中力が最も高いと言われているため、起き抜けに昨日の復習として練習に取り掛かるのもいいかも知れません。

譜面を用意する

譜面を見ながら弾くことが許される現場の場合は、これも活用しておきたいところ。
しかし、ただ譜面を用意すれば練習しなくて良いかというと、それは違います

この部分はどんな奏法で弾くのか、どんな感じのキメなのか。このセクションの温度間や音の強さ、ニュアンスはどうなのか。
曲を演奏するに当たっての、重要な部分は譜面に書いておく必要があります。

もちろん譜面を見ながらの練習だって必要ですし、譜面を読みながらの演奏になれていない人は、それを想定した練習だって必要です。

どんな方法であれ、結局仕込みは重要ってコトですね!

間違える箇所を把握して、カンペを用意する

事前の仕込みがどうしても間に合わず、不安を残す箇所があったり、ライブ慣れしていない場合はいくら練習しても本番直前に覚えたことが飛んでしまうこともあると思います。

そんな時は、事前にその場所を把握して足元にメモ書きを置いておくのも1つの手です。

(例:C#m ソロ12フレットから)

譜面を堂々と見る事が出来ない現場では、最終手段として使ってみてください

但し、メモ書きに気をとられすぎ、別の場所を間違えないように(笑)


スポンサーリンク



予想しない箇所での間違いを想定しておく

とはいえ、本番は何が起こるか分かりません。

練習では完璧だったハズの箇所を間違えてしまう…なんてこともあり得ます。

結局のところは練習が第一っていうコトなんですが、そういう事も起こりうることは頭の片隅にでも置いておいてみて下さい。

あとがき

楽器の熟練度が高い人ほど、曲への理解やフレージングも想像がつく為、覚えは早いと思います。

ですが、ちょっとした工夫を練習の中に取り入れる事で、初心者の方でも短期間で曲を覚える近道になります。

それでは本記事のまとめです

・外出先でも曲を聞き込み、イメトレを行う
忘れた後に再び思い出すサイクルを活用する
睡眠前の練習で記憶を定着させる
・状況により、譜面やカンペを活用する
・完璧に演奏できる箇所も油断しない

がむしゃらに練習することも大切ですが、生活の仕方や取り組み方を少しを変えるだけで、より有意義で有利な練習に変えることが出来るかも知れませんね。

ではでは、Chang-Nao(@Chang_7010)でしたー!!

関連記事

【解決編】Studio One起動時にクラッシュダンプが作成された時の対処方法

前回の記事で書いた、SutudioOneでクラッシュダンプが作成された時の対処法は、バックアップファイルから引っ張ってくるという、根本的な解決方法ではありませんでした。…が! その後、解決方法を見つけ …

no image

StudioOneのクリックをオーディオで書き出すには?

ミュージシャン同士でのデータのやり取りだと、クリックをデータ化して送った方が親切な場面があります。 特にStudioOneの場合はクリックを書き出す方法が少し分かりにくい為、備忘録も兼ねて記事化しまし …

no image

ギターの仕組みから覚える!リアルなストロークの再現で打ち込みギターを本格的に!

個人がパソコン1台で音楽を作れる便利な時代ですが、ギターという楽器は打ち込みで再現するのはまだまだ難しく、その方法に頭を抱えるDTMerの方々も少なくないのではないでしょうか。 本記事では、リアルなギ …

ストレスが溜まってどうしようもない人が始めるべき楽器

現代人の生活にとって過剰なストレスは付き物といっても過言ではありません。 この記事を読んでいる方も、きっと日々大きなストレスと向き合いながら過ごしている事と思います。 今回はそんなストレスと戦う方に向 …

BOSSのフットスイッチ『FS-5L』とAXE I/OでStudioOneの再生停止の操作は可能か!?

楽器をプレイするDTMerの中には、、 『足でDAWを操作したい…!』 なんて思っている人も少なくないと思います。 今日の記事は、そんな憧れに一歩近ずける内容になっているかも知れません。 音楽やPC回 …

パーフェクトなライブ演奏を目指そう!効率的に楽曲を覚えるコツ6選
この記事が気に入ったらフォローお願いします!
最新情報をお届けします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者:

ad




テキスト検索↓↓

カテゴリ検索↓↓

chang_7010さんをフォロー

バナー

アカウント作成はコチラ(無料)↓

サウンドハウス

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

コンタクトフォーム





上記の内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。