投稿日:2018年9月9日 更新日: 機材トラブル Howto(音楽)

え?急にオクターブピッチが…?ハズレ弦の意外な側面



ギターやベースの弦、定期的に交換する中で「ハズレ」弦に当たることがあります。
昔からその手の話はチラホラ聞く話ではあったけども、決定的なハズレ弦に遭遇したこともなかったのであまり意識したことがありませんでした。

…が!歴18年目にして明らかな不良弦と遭遇したのでその記録をまとめておきます。

オクターブピッチが異常にずれた

ある日アコギの弦を張り替えていたとき直後の事。

それまでいつでも安定していたオクターブチューニングが突然おかしなことになってしまったのです。
症状としては、3弦のオクターブピッチが尋常じゃないまでにズレてしまったんです!しかも超突然…。


※12Fのハーモニクスに対し実音がこれくらい下がった。動画抑えておけば良かった…。

当然ハイフレットに行くほど他の弦と調和しなくなるわ気持ち悪いわで、

これじゃまるで仕事にならーん!!

大抵のトラブルは自分で解決できるものばかりだったけど、今回ばかりは流石にリペアマンの力を借りなければ…

ということで即御茶ノ水の楽器店に直行したのであった…。

リペア店員の見解

普通アコギのオクターブピッチの調整は、サドルを削るなどしてブリッチのサドルに接している元の接点を変えてあげることで対応します。

実音が12Fハーモニクスよりもシャープする場合は、サドルと弦の接点をブリッジピン側に削ってあげて12Fとサドルとの振動幅を増やしてやる必要があります。

しかし今回の場合は、実音が12Fハーモニクスよりもフラットしてしまっているため、12フレットからブリッジまでの距離を短くしてあげなければいけない。つまり弦とサドルの接点をネック側に寄せてやらなきゃならないワケです。

エレキギターの場合はネジ等でブリッジサドルを前後に動かせるので柔軟に対応することが出来るんだけど、サドルを削って対処しなければいけないアコギの場合はハーモニクスよりも実音がフラットする場合の対処は限度があるんですね…。

ま、だからこそ楽器屋にはるばるやってきたワケですけど(笑)

ネックだって全然曲がってないし、これはハズレ弦の可能性がかなり高いと店員さん。

いくらハズレ弦だからって、こんなに極端にズレることなんてあるのか…!
と、最初は店員さんの言うこともにわかには信じ難かったのが正直なトコロでした。

ハズレ弦の特徴

僕の中のハズレの弦のイメージって、

・サビやすい
・寿命が短い
・チューニングそのものが安定しない

とかっていう感じだったから、オクターブピッチだけが異常なズレ方をするっていう今回のケースは、僕の思っていたハズれ弦のイメージとは違ったので、正直店員さんの予想を疑ってしまったんですよね。

実際ネット上でも僕とほぼ同じ症状でお悩みの方がいましたよ!
https://ameblo.jp/my-hobby-room/entry-12079167140.html
そして↑のブログの筆者さんも僕も、共通の方法でこの問題は解決しました。

弦交換であっさり復旧

で、実際にお店で用意してもらった全く同じ銘柄の新品の弦を張り替えたところ、オクターブピッチは見事元通りに!

シンプルにチューニングが合いにくいハズレ弦はなんとなくイメージが湧きますが、オクターブピッチだけが合わないハズレ弦ってどんななんだ…!?

何はともあれ店員さんの予測はドンピシャ正しかったワケです。疑ってマジすんませんした…。

あとがき

弦のトラブルには今の今までなかなか遭遇しなかった僕でしたが、結局この日のリペア料は新しくした弦の代金のみ

「結局家でも対処できたじゃーん」と拍子抜けもしましたが、ギターそのものに何の問題もなくてひと安心でした。おまけに色々勉強にもなったし、貴重な経験でした!

どういうメカニズムでオクターブピッチだけ下がってしまうのかは謎ですが、実際そういう弦があるって事が証明されたので、弦の張替えもストック弦をたくさん用意して、時期的にも余裕を持って交換した方がレコーディングやライブの前にバタバタせず良いかもしれませんね!

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
この記事が役に立ったと思ったら面白かったら、是非他の記事にもお立ち寄りください。

関連記事

楽器によって意味が違う!?ギターやベースでの『ペダルトーン』の意味とは?

音楽用語は数も多く、音楽ジャンルや界隈などによっても、使われる用語とそうでないもの、馴染みのある言葉ない言葉など多様かと思います。 今回のテーマは「ペダルトーン(ペダルノート)」という言葉の意味につい …

ココナラで最上ランクのプラチナに昇格しました

ココナラを初めて早10か月、最上ランクに昇格することが出来ました。 おかげさまで結構コンスタントに依頼が来るようにもなり、僕の収入も現状では7、8割程度がココナラからによるものですが、今回はココナラの …

人前での演奏に緊張する人が取り組むべき4つの事

楽器がある程度上達すると、ライブステージ等の人前で演奏する機会が訪れる人もいると思います。 オーディエンスが例え2.3人であれ500人であれ、人前での演奏というのは緊張してしまうもの。 僕も楽器を始め …

StudioOneのクリックをオーディオで書き出すには?

ミュージシャン同士でのデータのやり取りだと、クリックをデータ化して送った方が親切な場面があります。 特にStudioOneの場合はクリックを書き出す方法が少し分かりにくい為、備忘録も兼ねて記事化しまし …

【DTMer向け】ギターアンプの仕組みと信号の流れについて解説

DTMをやっていると、ギターの音作りやエフェクトの掛け方に迷う方もきっと多いと思います。 特にエレキギターの場合、歪んだドライブサウンドの特性上、エフェクトのかけ方にもちょっとしたルールのようなものも …

え?急にオクターブピッチが…?ハズレ弦の意外な側面
この記事が気に入ったらフォローお願いします!
最新情報をお届けします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

執筆者:

ad




テキスト検索↓↓

カテゴリ検索↓↓

バナー

アカウント作成はコチラ(無料)↓

安くて豊富な品揃え!ミュージシャンの強い味方↓

サウンドハウス

管理人が制作した音楽素材
AudiostockでBGM・効果音を販売中!
定額で役に立つ書籍が読み放題!

コンタクトフォーム





上記の内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。